銀行で借りる高いハードル

貸金業者である消費者金融と比べる金利や限度額に優れ、カード利用における利便性が高いのが銀行カードローンの特徴ではありますが、その分だけ審査通過に必要とされる条件や基準が厳しくなっているのも一つの特徴です。

 

安定した収入を得ていなければならないのは当然として、さらには収入額や職業、雇用形態に関しても銀行ではしっかりと見ることとなります。つまり、アルバイトなどの方では利用が難しく、派遣社員などの方であっても銀行カードローンの審査は通らず、お金が借りられないといった状況も考えられます。

 

厳しく高いハードルとなる銀行カードローンの利用は、審査に通過をして契約が完結できればとにかく頼れます。限度額が大きく設定される場合もあるので、まとまった金額を低金利で借りられる可能性があるためです。

 

大きな金額を低い金利と安い利息で借りられるなら、食費や生活費として借りるだけでなく、車の購入におけるマイカーローンの代わりや教育資金として入学金や授業料、塾や留学にかかる費用としてもカードローンでまかなえるようになります。

 

また、低い金利を生かして高い金利からの借り換えにも銀行のカードローンは頼れるので、他社でのカード利用がある、借り入れがある、クレジットカードのリボ払いが負担になっているなどの方は、低金利の金融機関で借りる銀行カードローンへの借り換えで楽な完済が目指せる可能性もあるのです。

 

借り換えとして使うならリボ払いの見直しに適するオリックス銀行カードローン契約を考えておくと良いです。来店不要でオリックス銀行での口座開設も不要となる申し込みからWeb上での契約手続きで借りられるため、様々なシーンでオリックス銀行のカードローンは役立ちます。