プロミスで借りるには審査通過が必要

プロミスでお金を借りるためには申し込みをしなければならないのは当然として、申し込み後の審査通過も必要となります。審査の通過のためにはプロミスが定める審査基準をクリアしなければならず、審査の基準に関しては公表はされていないので分からない部分も多いです。

 

ただ、プロミスの審査に通るためには信用が重要とはされており、審査の基準は分からなくても審査に通るための傾向といったものは知られています。プロミスの審査においても基本となる部分であるため、申し込みを行う前に審査で重要となる信用の面やその他の部分に関してもしっかりと知っておきましょう。

 

信用とプロミス

 

プロミス審査と信用

カードローンのサービスは無担保で現金を借りるものとなるため、利用者の信用が重視されます。お金を貸し付けた後、融資を実行した後の返済がしっかりと行われるかが重要であるため、借り手側の信用が重視されるのは当然です。

 

貸したっきりでお金が返ってこないとなるとプロミスも催促や督促を行う手間がかかり、そのまま焦げ付いて貸し倒れとなってしまってはプロミスの損害となります。それを防ぐためにもしっかりとした信用審査を行い、お金を貸した後の返済が行えるかの確認をしています。

 

信用は主に信用情報機関に記録がされている今までのキャッシングやクレジットカードなどの利用履歴をもとに見られ、申し込み時の入力内容と照らし合わせて確認を行います。過去に返済や支払いでトラブルがあるとここで引っかかってしまうので、プロミスの審査でもマイナスの評価となります。

 

また、申し込み時に審査に通りたい、お金を借りたいからと虚偽の内容の入力を行うなどは、信用を落とす原因となるので避けるべきです。正しくミスなく入力行うことが、まずは不利にならないプロミスの審査のスタートラインと言えるのです。

 

信用ができる人とできない人

お金の貸し借りにおける信用ができる人とできない人は、多くはそれまでの実績が物を言います。お金を何度も借りている人であっても、期限までに遅れずに期日通りに返済が行えているのであれば、その人は信用ができると考えられます。

 

逆にあまりお金を借りていないとしても、借りたときの返済は期日通りに行わない、不足をしての入金となっているなどの人は信用ができるとは言えないでしょう。

 

プロミスの審査においても同様で、重要となるのはそれまでのお金の貸し借りに回数ではなく、単純に正しく返済が行えているかどうかです。今現在の借り入れがある方は借りすぎていないか、多重債務になっていないかといった面は当然ながら見られますが、そうでもなければ借りた回数ではなく利用実績が重視されるのです。

 

借りすぎていると話は変わってしまい、年収に対しての借りすぎを防ぐ総量規制もあるため、年収の3分の1のラインで借りてしまっている方はプロミスの審査には通りません。貸金業者の消費者金融でのキャッシングとなるプロミスは、貸金業法に基づいた貸付しか行えないためです。

 

審査通過後の契約手続き方法

収入や職業、職種、安定性などの信用に関わる部分を全てクリアをし、プロミスの審査基準を満たせればいよいよ契約となりますが、プロミスの契約は様々な方法で行えるようになっています。

 

手軽に進められる来店不要のWeb契約、しっかりと確認をしながら相談をしながら進められる札幌市などの一部の地域に設置のある店頭での契約、無人の自動契約機での契約と主に3通りとなります。その他にも郵送での契約といった方法も可能ですが、書類の郵送で日数や時間がかかるために今ではほとんど使われていない契約方法となります。

 

基本となる3通りの契約方法のうち、早くに借りられるのはWeb契約による銀行振り込みでの融資と、自動契約機でカードを受け取り、プロミスATMやコンビニや銀行などの金融機関の提携ATMで借りる手続きの進め方です。

 

店頭契約も最短即日でその日のうちに、早ければ当日中にカードの発行がされますが、店舗となる店頭窓口は営業時間が契約機に比べて短く、さらには週末の土曜や日曜、祝日や祭日は休業となるために欲しいとき、必要なときに手続きが行えない可能性があります。

 

その点で同じ来店といった手続きであるとしても、プロミスの契約は無人の自動契約機を使う方が良いとされているのです。

 

銀行振り込みで借りる場合の注意点

プロミスからの銀行振り込みで借りる場合には、曜日と時間には気をつけなければなりません。プロミスでは振り込み融資の対応を平日14時までのWeb契約完了で当日中の扱いとしているので、時間を経過してしまうと翌営業日の扱いとなります。

 

14時を1秒でも過ぎてしまうとその日のうちには借りられず、早くても翌日の借り入れとなります。間に合えば来店不要で指定の銀行口座への振り込みが可能となるために便利ではありますが、時間を過ぎてしまうとその日のうちに借りられないリスクが付きまとうので、早くに借りたいときには少し怖い手続きの方法となります。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を開設済みで、本人名義の普通預金口座を持っていれば、22時までの口座登録で24時間最短10秒振り込みの瞬フリは利用ができますが、銀行口座が指定されることや振り込みの履歴が通帳に残るなど、振り込み融資全般に言えますが家族の方に借り入れがバレる可能性もあります。

 

契約機で進めるメリット

各地に設置のあるプロミス契約機を利用する場合には、その場所まで行かなければならない手間はあるものの、早い契約手続きとプロミスカードの受け取りが可能となります。契約機は土日でも夜間まで営業をしているところが多く、空いた時間にネットで申し込みをして審査回答を受け取っておけば、遅い時間であってもその日のうちの契約も可能です。

 

契約機で受け取ったカードは限度額内で繰り返し利用ができ、備え付けのあるプロミスATMならATM利用手数料がかからないのも利点です。余計なコストなくお金が借りられるので、早いだけでなく便利な面、お得な面でも優れているといえます。

 

プロミスで早くに借りたいなら振り込みよりも契約機で直接カードを受け取る方が良いので、冠婚葬祭が重なるなどで急な出費による金欠、お金の不足となってしまった場合には、契約機の設置情報を確認してからネットでのスマホでも可能な申し込みを進めてみましょう。

 

プロミスの契約機は全国各地にあり、特に繁華街では多くの設置台数があります。三井住友銀行のローン契約機も利用ができるので、店舗があるプロミス堺市での契約であれば早くに手軽に手続きが行えます。

 

分からないことがあればオペレーターに相談をしながら、確認や質問をしながら契約が進められるのも契約機の利点となるので、急ぎで借りたい方や不安に感じる部分がある方は、来店不要のWeb契約ではなくプロミス契約機を使う手続きで契約を行うと良いでしょう。